おんだ祭

明日香村

2019年2月3日(日)

飛鳥坐神社

  • Facebook


飛鳥のおんだ祭りはいつ頃から行われているかわかりませんが、五穀豊穣・子孫繁栄を願って県内でもあちこちで行われています。西日本三大奇祭の一つとしてあげられる中で非常に露骨だけれど健康的でユーモアのある神事として有名です。当日朝10時頃から天狗と翁がささら(青竹の先を細かく割ったもの)で参拝者のお尻をたたきまわります。これは厄払いといいますが、体の中の悪いものを叩き出す神事でもあり、春を迎えるために冬の寒さを追いやる神事です。一番太鼓を合図に午後2時から神楽殿で祭典が行われ、祝詞のあと、田植えの様子を無言で天狗・牛・翁が掛合いながら面白おかしく五穀豊穣を求めて演じます。二番太鼓で仲人役の翁と天狗・お多福が登場し、結婚式のあと初夜を迎えます。爽やかなエロチックで笑いを誘いながら子孫繁栄を祈ります。
一日も早く明るい暖かい春を迎えるために境内には沢山の男性のシンボルが置かれています。これは山之神を迎えるためです。春には花が咲き、穏やかな風によって交配し、秋には稔りをもたらしてくれます。

  • 開催日時

  • 開催場所

    飛鳥坐神社

  • 主催者

    飛鳥坐神社

  • お問い合わせ先

    飛鳥坐神社
    0744-54-2071

  • 関連リンク

    明日香村観光ポータルサイト「旅する明日香ネット」

イベントカレンダーにもどる